人気ブログランキング |

さりげないのが格好いいと、
そう思っているくせに。

誰も気づいてくれないことに、
いつも苛立ちを募らせている。


そんな矛盾をわかっていながら、
気づかぬふりをし続けるその姿は。


搾取ありきの共生を悪びれもせずに掲げている、
どこかの誰かとそっくりなんだ。


# by m-kumatta | 2020-10-25 18:30 | つぶやき | Comments(0)

僕の歌いたい歌は、
かっこうわるいあいのうた。

たとえば君を引っ張るよりも、
君の後ろを付いてくような、
かっこうわるいあいのうた。


僕の歌いたい歌は、
かっこうわるいあいのうた。

たとえば君のために戦うよりも、
君と一緒に逃げ出すような、
かっこうわるいあいのうた。


だって僕が守りたいのは、
見映えのいい僕なんかじゃなく。

僕が守っていきたいのは、
生き生き生きる君なのだから。

そのためになら、
僕はどこまでだって君と逃げてやる。


僕の歌いたい歌は、
かっこうわるいあいのうた。

世界で一番格好悪い愛の歌、なんだよ。


# by m-kumatta | 2020-10-22 10:05 | つぶやき | Comments(2)

だって、そうじゃないか。

善きことは生じるのであって、
行なうことではないじゃないか。

誰かに親切にしようと言ったその刹那。

私が縛られたのは、善行という名の鎖。

誰かに親切にできなかった私に。

降り注ぐのは、罪悪感。

これを不自由と言わずして、何と言おうか?

私たちは。

己の悪行、悪癖、悪習慣を責めるだけでは飽き足らず。

善きことを行えなかった自分にもまた、深く傷つく。

本当に自由を求めるならば、
私たちは善行にすら縛られちゃならないんだ。



※タイトルならびに本文内容は、2018年4月15日に掲載したものです。

# by m-kumatta | 2020-10-18 11:07 | 過去もの | Comments(4)

いいか。
頭で考えるな。

心に問いかけるんだ。


いいか。
頭で判断するな。

心で感じるんだ。


いいか。
頭に答えを求めるな。

心に答えを委ねるんだ。


タグ:
# by m-kumatta | 2020-10-15 08:18 | つぶやき | Comments(0)

結局、僕は。

結局。

僕は嘘をついても生き残りたかったんだ。


まともな僕という嘘。
誠実な僕という嘘。
物分かりがいい僕という嘘。


結局。

生きることよりも生き残ることを選んだ僕は。


鈍い痛みに足を引き摺りながら、
それでも顔には薄ら笑いを浮かべて、
これからもひたすらここで生き残り続けるんだ。


# by m-kumatta | 2020-10-12 06:18 | つぶやき | Comments(0)

いいかい。

幸せを感じたなら、
決してその理由を探してはいけないよ。

魔法が解けてしまうからね。




※タイトルならびに本文内容は、2018年4月11日に掲載したものです。

# by m-kumatta | 2020-10-09 05:02 | 過去もの | Comments(4)

こんなことを言うと、
たぶん君はまたふくれるかな?

君は高嶺の花なんかじゃない。

どちらかと言えば。

麗しいより可愛らしいがお似合いの、
庭に咲いてる野花のよう。

でもね。

そんな君だから、
僕は毎日眺めたくなる。


こんなことを言うと、
やっぱり君はまたふくれるかな?

君はお姫様なんかじゃない。

どちらかと言えば。

エスコートされるより振り回す方がお似合いの、
ぴょんぴょん跳ねる少女のよう。

でもね。

そんな君だから、
僕は手を繋ぎたくなる。


だいたいさ。

君がお姫様で僕が王子様だなんて、
それこそとんだ笑い話じゃないか。


僕にとって君は。

ハッピーエンドのその先を、
共に見たいと思える人。

特別じゃない君こそが、
僕には特別な君なんだ。


# by m-kumatta | 2020-10-05 08:18 | つぶやき | Comments(6)


『 君と逢った その日から なんとなく 幸せ 』
  —なんとなくなんとなく(歌:つじあやの)歌詞より引用 —

なんとなく。

そう、なんとなく。

なんとなく、何とはなく感じるってことが、
私たちにはとってもとっても大切ことなんだ。




※タイトルならびに本文内容は、2018年4月9日に掲載したものです。


# by m-kumatta | 2020-10-03 04:13 | 過去もの | Comments(0)