与えて終わりじゃ、終われませんか?

たしかに。

私はあなたにあげたくて、
それをあなたにあげたはず、だった。

たしかに。

私は私がしたいから、
それをあなたにしてあげたはず、だった。

だけど、どうしてなのだろう?

なんだかすっきりしないのは。
ちょっぴり腹さえ立てているのは。


きっと私は、想像してしまったんだ。

突然の贈り物に、
とても喜ぶあなたの姿を。

しばらくのうちに届く、
弾んだ声のありがとうを。

私はきっと、想像してしまったんだ。

脳裏に浮かんだその情景を、
超えることは決してないのに。

想像以上の出来事は、
想像に溺れなかった人だけに、
訪れてくれるもの、なのに。



[PR]
Commented by mahorou at 2018-08-24 10:18
広間空さん、こんにちは。
すごく気持ちわかります。

わたしが上げたいものと、あなたが欲しいものは違うと知りました。
おっしゃる通りですね。
かけた情けは水に流せ、受けたご恩は石に刻めの意識で、
60代を楽しんで生きたいです。

まほっち
Commented by m-kumatta at 2018-08-25 05:27
まほっちさん。
共感いただき、ありがとうございます。

何かをしてあげたから、とか。
何かをしてもらったから、とか。

そういうことを超えたところで、
私たちは繋がっていたいですよね。

それが、真の平等な関係なのだと思います。
by m-kumatta | 2018-08-24 09:00 | つぶやき | Comments(2)