再掲載:この声をきみに。


心の中の”ぽっかり”

”ぽっかり”はね、
埋めようとしちゃダメなんだ。

埋めようとしても、
あなたはきっと、その底なし沼に飲み込まれてしまうよ。

”ぽっかり”はね、
目を逸らしちゃダメなんだ。

見ないようにしていても、
あなたはきっと、その不気味な存在に徐々に浸食されていく。

”ぽっかり”はね、
実はそのままにして、深く味わうものなんだ。

怖いよね。
嫌だよね。

でもそれでも逃げずにとどまって、
その空虚な闇を見つめてごらん。

じっとじっと見つめていると、
あなたはある時、発見するんだ。

私たちが幸せと呼ぶものたち全てが、
”ぽっかり”の底から、生まれくるその瞬間を。

あなたはたどり着いたんだ。
あなたの”生”を支えるその源泉に、今。



※タイトルならびに本文の題材は、
『NHKドラマ10:この声をきみに』より引用させていただきました。

※タイトルならびに本文内容は、2017年9月17日に掲載したものです。


[PR]
Commented by sutekinakurashi7 at 2018-10-30 02:27
こんばんは。
今の心境にピッタリです。見透かされてしまいました。笑

半年後、ひとり娘が進学のため上京します┄。
ぽっかりの底から生まれてくる幸せ、、見つけられたらいいな。
     HIGA
Commented by m-kumatta at 2018-10-30 23:39
HIGAさん、こんばんは(^O^)
コメントいただき、ありがとうございます。
そうなのですね。
ずっとずっと見守ってきた娘さんの上京……それはやっぱり寂しいですよね。
でもその一方で娘さんの成長はとても嬉しいことでもありますよね。
寂しいのに、嬉しい……。
こんな繊細な気持ちを抱けるなんて、心ってすごく素敵だなあと、私はいつも思います。

ちょっと話がずれてしまいましたが(^^ゞ
ぽっかり、怖がらずに、ぜひ味わってみてください。
きっと思いもかけない幸せが、見つかると思います(*^^*)
Commented by taekamede at 2018-10-31 11:07
”ぽっかり” 急におそってくるんですよね~。
まい来たか~と思うときもあるし、3か月くらい音沙汰ない時もあります。強いて、私に関してだけ言えば、調子に乗れば載るほど、ぽっかりもドッカリ来ます。ええ。(^^;)
Commented by m-kumatta at 2018-10-31 21:13
taekaさん、こんばんは(^O^)
そうですよね。はっきりした理由もないのに落ちてしまうこと、ありますよね。
私もそうです(^^ゞ
でも、私はそれってとても大事なことなんじゃないかなって、思うのです。
月、波、呼吸、そして心臓の鼓動……すべて寄せては返す、満ち引きです。
満ちたものはいったん引いて、そして力を取り戻すのです。
だから”ぽっかり”もきっと一緒で。
私たちはその場所に脅かされるのではなく。
その場所でいったん静止することで、新たな一歩を踏み出す力をもらうのだと思います(*^^)v
Commented by haru123fu at 2018-11-05 21:19
広間空さん、こんばんは。
この声をきみに。を朗読させてもらいました。
いつもありがとうございます。
詩を朗読するって難しいことです。でも、
挑戦させてもらいました。
いつもありがとうございます。
Commented by m-kumatta at 2018-11-05 22:59
haruさん、こんばんは(^O^)
こちらこそいつもありがとうございます(*^^*)
さっそく聴かせていただきますね♪
by m-kumatta | 2018-10-29 22:27 | 過去もの | Comments(6)