人気ブログランキング |

いろんな君が。

君のいいところ、
いっぱい挙げることできるけど。

それで君を好きになったわけじゃないんだ。


君のいやなところ、
たくさん知っているけれど。

それでも君を嫌いにはなれないんだ。


何て言うか、上手くは言えないのだけれど。
君の中にはいっぱい、いろんな君がいて。

いいとこといやなとこ。

いろんな君が集まったのが、
僕が好きな、僕だけの君なわけで。

やっぱり上手くは言えないのだけれど。

どこが好きかと聞かれても、
僕がすぐに答えられないのは、きっとそういうことなんだ。


ねえ、ひょっとして。

君も僕と同じように、
僕のこと想ってくれているのかな?

そんなこと想像したら嬉しすぎて。

今夜の僕はなかなか眠りに付けそうもないんだ。


Commented by taekamede at 2019-02-21 13:57
いいですね~(^^♪いいですね~(^^♪
「両想い」と書いて「きせき」と読んでいたピュワな心を思い出してしまいました( *´艸`)
Commented by sutekinakurashi7 at 2019-02-21 23:05
こんばんは~♪
可愛らしい詩ですね~、
僕だけの君・・・っていうところが究極に┄。:+((*´艸`))+:。

これは「僕が独占する君」っていうことじゃなくて、「僕だけが知っているいろんな君」っていう意味なんですね☆
視点が自分の側ではなくて相手の側にあるところに愛を感じます。
   HIGA

☆ひとつ前の詩ですが、
仰るように私たちは、有意義病とか有益病とでも言うものに冒されているのかも知れませんね┄。
最後の二行、、「本当は何が役に立って、何が役に立たないかなんて、私たちには分からないのにね」って言われてるようでした。
Commented by m-kumatta at 2019-02-22 21:46
taekaさん、こんばんは(^O^)
喜んでいただけたようで、嬉しいです(*^^*)
「両想い」と書いて「きせき」(#^^#) 女の子はとってもかわいらしい言い換えをしますね(^^♪
一方、男の子の言い換えの定番と言えば、これでしょう。「本気」と書いて「マジ」と読むんだぜ! (^^ゞ
Commented by m-kumatta at 2019-02-22 22:33
HIGAさん、こんばんは(^O^)
可愛らしいだなんて、そんな、照れてしまいます…… (n*´ω`*n) 
って、違う違う。可愛らしいのは私のことではなく、詩のことでしたね (^^ゞ(^^ゞ

そうそう。「僕だけの君」に反応していただき、ありがとうございます(*^^*)
実はそこが今回一番書きたかったことでした。
例えば、君のいいところといやなところ、ひとつひとつを挙げれば、同じような要素を持つ人はたくさんいる。
だけど、それらが組み合わさることで「君」はできていて、だからこそ「君」はかけがえのない「君」なんだと。
そういう思いを「僕だけの君」という言葉に込めたつもりです。

また、ひとつ前の詩についても感想ありがとうございます(^O^)
そうなんです。私たちにわかっていることなんて、本当の意味では何もないんじゃないかなって、私はそんな風に思っていて。
確かに過去の経験とか記憶とかに照らし合わせて、良さそうなもの、は選ぶことは可能ですが。それはあくまで、そう見えるだけであって、実際に良い選択なのかどうかは決してわからないということを私たちは忘れてはいけないと思うのです。
Commented by milletti_naoko at 2019-02-28 04:51
人にはいろいろな面があって、刻々と変わっていくところもあるので、
広間空さんがおっしゃるように、そういうところすべてを含めて、
相手を大切に思えることが、大切なのではないかなと思います。
相手のそのままの姿を愛しく思う気持ちが伝わってくる、すてきな詩ですね。
Commented by m-kumatta at 2019-03-02 08:59
なおこさん、おはようございます(^O^)
すてきな詩とおっしゃっていただき、ありがとうございます(*^^*)
人って不思議ですよね。
いいところばかり並び立てられると引いてしまったりするのに、その中にちょっとした欠点を見つけた途端に余計にその人のことを好きになったりする。
論理的に言えば、100点の方が絶対にいいはずなのに、80点の方を深く愛したりする。
そんな様子を見ていると、人って本当に不思議だなあと思うと同時に、人という存在をとても愛おしいとも思うのです。
by m-kumatta | 2019-02-20 18:43 | つぶやき | Comments(6)