どうして?

変わり者と言われるあの人は、
あんなに幸せそうなのに。

どうして?

変わり者と言われぬようにしている私は、
毎日息が詰まりそうなんだ。



[PR]
by m-kumatta | 2018-05-31 09:27 | つぶやき | Comments(2)

「いいとこと、わるいとこは、
       セットになっているんだ」
   ―NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の劇中セリフより―

そっか。

だから私を生きるのは、

こんなにも厄介で、

こんなにも面白いんだ。




※タイトルならびに本文内容は、
『NHK連続テレビ小説:半分、青い。』を参考にさせていただきました。

[PR]
by m-kumatta | 2018-05-29 01:28 | つぶやき | Comments(2)

いいんだよ。

悲しかったら泣けばいいんだよ。

また、笑えばいいんだから。


いいんだよ。

辛かったら逃げればいいんだよ。

また、戻ってくればいいんだから。


他人にも、自分にも、
それを赦してあげられる世界は。

今よりずっと、
幸せで、実り豊かな世界だと思うのです。




[PR]
by m-kumatta | 2018-05-26 05:16 | つぶやき | Comments(2)

ついていない、と君は言う。

急いでいるときに限って、
乗ってる電車が遅れてみたり。

慌ただしい昼食の時間に、
注文の順番を飛ばされてみたり。

どうしていつも私だけ、と君は言う。

でもさ。

めったにないことに当たるって意味では。

君はきっと、ついている。

たまたま望んでいないことだっただけで。

君はすでに、ついている。

だから。

嘆く代わりにその時が来るのを、
君はワクワク待てばいい。

そんなの気休めにすぎないと、
君はそう言うかもしれないけどね。



[PR]
by m-kumatta | 2018-05-23 05:23 | つぶやき | Comments(0)

これだけは、はっきりしている。


意義あることをたくさんしている今よりも、


意味のないことばかりしていたあの頃の方が、


はるかにずっと、わたしはわたしを生きていた。




[PR]
by m-kumatta | 2018-05-19 22:23 | つぶやき | Comments(2)

はなまる、あげたい。

はなまる、あげたい。
今までわたしと付き合ってきた私に。

はなまる、あげたい。
今までわたしを慈しんできた私に。

はなまる、あげたい。
今までわたしを甘やかさなかった私に。

はなまる、あげたい。
今までわたしを尊重し続けてきた私に。

はなまる、あげたい。
今までわたしに固執することなかった私に。

わたしは私にはなまる、あげたい。

わたしを決して見捨てなかったことに。

わたしは私に、
おおきな、おおきな、はなまる、あげたい。



[PR]
by m-kumatta | 2018-05-18 20:50 | つぶやき | Comments(0)

わすれてた。

何気ない日々のモノコトに、

小さな喜びを見いだせる

私たちでありたいものです。


……そうだった。

半年前、
そう言っていたのは確かに私。

そんなこと、
すっかり忘れていたけれど。


[PR]
by m-kumatta | 2018-05-14 22:39 | つぶやき | Comments(0)

泣いているときは。

この思いがきっと一生続くんだって。

本気でそう思ったんだけど。

当然って言うかやっぱり、
そんなことはまったくなくて。

みんなと楽しく笑いあう、
今日の私がちゃっかりといて……。

でもね、私は思うんだ。

あのとき本気で泣いたから、
今の私が本気で笑っているんだって。

本当はそうじゃないかもしれないけれど、
私はそう信じている。


[PR]
by m-kumatta | 2018-05-12 09:04 | つぶやき | Comments(0)

あれこれ理由をつけて反対されていたときは。

絶対に貫き通してやるって、
ファイティングポーズを決して崩さなかったのに。

本当はね、
あなたが遠くに行ってしまうようで、
ただ淋しかっただけなんだよと言われた途端に。

あなたの想いが怒涛のように、
私の胸に押し寄せてきたんだ。


[PR]
by m-kumatta | 2018-05-10 00:40 | つぶやき | Comments(0)

たとえ望んだ天気でなくとも。

空模様なら仕方がないと、微笑んでいられる。

それなのにどうして?

心が少しでも曇った途端に。

私はいつもの余裕をあっという間に失ってしまうんだ。





[PR]
by m-kumatta | 2018-05-06 19:25 | つぶやき | Comments(0)