人気ブログランキング |

誰からも煙たがられず。

誰からも受け容れられて。

誰からも重宝がられる。


誰よりもみんなの特別でありたいと、
願った私がたどり着いたのは。

誰よりも完璧に、
普通の人であることでした。


by m-kumatta | 2019-05-15 18:18 | つぶやき | Comments(0)

私じゃなきゃできないことを、
するのもすごいと思うけど。


私じゃなくてもできることを、
誰にも気づかれず、誰にも褒められず、やり続けること。


君はそのことに、
もっともっともっともっと、自信を持ってほしいんだ。


大丈夫。
君は特別だから愛されてるわけじゃないよ。


君は特別じゃないことを愛せる人。
だからみんなはこんなにも、君のことが好きなんだ。




お知らせです※
haruさんがこの詩を、朗読してくれました♪

皆さんにも聴いていただけると嬉しいです(^O^)

by m-kumatta | 2019-01-04 11:05 | つぶやき | Comments(6)

耳元でそっと。
あなただけ特別ですなんて囁かれたら、
たちまち上機嫌になるくせに。

腫れ物を扱うかのような応対をされたら、
途端に烈火のごとく怒りだす。

特別待遇を望んだかと思えば、
特別視されることを極端に嫌う。

いったい特別になりたいのか、なりたくないのか。

私たちはあなたのご機嫌を取るために、
生きてるわけではないのです。

by m-kumatta | 2018-04-07 21:02 | つぶやき | Comments(0)

あなたがそんなに必死なのは唯一、
その既得権益が脅かされることを心配しているから。

その証拠に。
あなたの優遇が保証されているなら、
あなたは決して必死になったりはしないだろう。

大切なのは、特別な私を守ること。
その他のことは二の次だ。

え、なに?

だって、
力を得なければ、
みんなのことは守れないって?

いや、それは言い方が間違っているよ。
というか、誤魔化してるよ。

正しくは、
力を得なければ、
” 私が ” 、みんなのことを守れないでしょ?

悪いけど、守る人はいつだっているよ。

それが本当に守ることになっているかは別問題だけど、
それはあなたがやったところでおんなじこと。

それがあなたなのか、他の人なのかだけの違いだから。

だいたい何を守るんだい?
家族を? 一族を? 組織を? 国民を? 
世界を? 人間を? 動物を? 植物を? 

それが何かは知らないけれど、
じゃあ、そこから漏れたらどうなるって言うの?

それに。
本当に守ることが大切なら、
別にそこに私がいようといまいと、
どっちでもいいはずなんだよ。

でも、あなたは決まって言うんだ。
私じゃなきゃ、私だからこそ、ってね。

そして、
そのためには我に力をって、
大きな声で叫ぶんだ。

そんなの、
ご褒美くれなきゃお手伝いしない、
って言うこどもと一緒だよ。

私はつくづく思うんだ。

ああ、人間って身体は大きくなるかもしれないけど、
根っこはなんにも変わらないんだなって。

別に責めているわけじゃない。

誰だって私が大事だし、
私と、私が大切なものを守りたいって思ってる。

それはいいんだ。
だって、私と私の欲望はひとつだから。
決して分離はできないから。

だからせめて、
それを隠さないでほしいんだ。

あなたたちは、
自分の欲望を隠して見ないようにすることで、
他の人の欲望に対して、とても心が狭くなっている。

やれ彼は欲が深い、
やれ彼女は自分のことしか考えてないって、
あなたたちはいつも大騒ぎしてるけど。

あれ?
私も結局一緒じゃない?
って、思い至ることは決してない。

たとえ心をよぎっても、
見なかったことにしてしまう。

そんな嘘で塗り固めたあなたたちに、
私がいったい何を投じればいいと言うの?

私の願いはただひとつ。

力が、玩具が欲しいなら、
欲しいとそう言えばいい。

あなたの欲望をひた隠すために、
みんなとか、未来ある子供たちのことを、
決して利用しないでほしい。

その存在を貶めるようなことだけは、
本当にやめてほしい。

ただただ、そう願うんだ。




by m-kumatta | 2017-10-14 10:04 | つぶやき | Comments(0)