人気ブログランキング |

自分を生きる。

それは、私たちの永遠のテーマ。


時間があるから生きられるわけではなく、
時間がないから生きられないわけでもない。


今この瞬間に手繰り寄せることができるけど、
永遠に彷徨っても決して見つからない。


やっと掬い上げたと思ってみても、
その刹那には指の隙間からこぼれ落ちる。


自分探しと言うけれど。

男も女も。
子供も大人も。
若者も老人も。

誰もがすでに自分を生きているはずなのに、
誰もが未だに自分を生きられないままでいる。


自分を生きる。

それはとんでもなく面倒で、
時にはまったく嫌になっちゃうのだけれど。

それでもやっぱり求めずにはいられない、
私たちにとって永遠の憧れの的なんだ。




※タイトルならびに本文内容は、
 mariさんのブログ:ワレココニアリ。より『限られた時間。』の記事をモチーフにさせていただきました。


 原作はこちらです。

日常の風景の中にあるちょっとしたおかしみと気づきを、絶妙なバランスで描き出すmariさんのブログ。
ぜひこちらもお楽しみください。

mariさんのブログもそうですが。
皆様のブログから、私はいつもたくさんの刺激をいただいております。
皆様の言葉から、写真から、私は作品のヒントを得ることもたびたびです。

ですからこの場をお借りして、
いつも素敵な記事を掲載してくださる皆様方に、心より御礼申し上げます。


広間空


by m-kumatta | 2019-03-25 20:40 | つぶやき | Comments(8)

共に鳴き、共に生きる。

揺れている。

私のココロが、揺れている。

私はそこにはいないけれど、
それでも私は、揺れている。

だからといって。

私もあなたと一緒です、だなんて。
そんなきれいごとを言いたいわけではなく。

ただ、伝えたかった。
あなたが揺れて、私も揺れた。
そのことをただ、伝えたかった。


言葉にできない。

私のココロを、言葉にできない。

頑張れ、負けるな、応援してます……。
どれもこれも違う気がして。

だからといって。

全身全霊捧げることも、全く無視を決め込むことも、
私にはどちらもすることできなくて。

でも、伝えたかった。
あなたが揺れて、私も揺れた。
そのことをただ、伝えたかった。


伝わりますか?

私たちのココロは、伝わりますか?

私たちは確かに離れているけれど、
それでもココロは、離れていない。

だからといって。

私たちは一心同体です、だなんて。
そんな言葉だけの理想を掲げたいわけではなく。

ただ、伝えたかった。
私たちは否応なしに共鳴しながら生きていること。
そのことをただ、伝えたかった。


たとえ遠くに離れていても。
共に鳴き、共に生きる、私たち。

あなたの揺れが、私たちに伝わったように。
私たちのココロが、あなたにどうか伝わりますように。


※本文にもありますように、かける言葉が見つからないというのが正直な気持ちです。
 だけど、そのかける言葉がないという、その胸の内をこそ伝えたいと思い、
 こうしてたどたどしい言葉で思いを綴らせていただいた次第です。
 私なりに、私なりの思いに真摯に向き合った、精一杯の言葉です。
 それでも、こちらをお読みになって、
 もしもご気分を害されてしまった方がもしもいらっしゃいましたら、
 その点につきまして心よりお詫びを申し上げます。         広間空


by m-kumatta | 2018-09-07 22:03 | つぶやき | Comments(5)

今の私は(仮)だから。
本気で悲しまなくてもいい、けど。

今の私は(仮)だから。
本気で喜ぶこともない。


今の私は(仮)だから。
本気で落ち込まなくてもいい、けど。

今の私は(仮)だから。
本気で笑うこともない。


今の私は(仮)だから。
本気で傷つかなくてもいい、けど。

今の私は(仮)だから。
本気で取り組むこともない。


今の私は(仮)だから。
本気で泣いたりしなくていい、けど。

今の私は(仮)だから。
本気で生きることもない。


今の私は(仮)だから。
本気で向き合わなくてもいい、けど。

今の私は(仮)だから。
本気で感謝もできやしない。


……。

……。

……なあ、私よ、仮の私よ。

いつか、いつかとお前はいつもそう言うが。

いい加減、
何かがおかしいとは本当に思わないのか?


by m-kumatta | 2018-07-22 08:35 | つぶやき | Comments(4)

小さき世界の住人へ

この世界で上手に生きようと思ったら、
(それを上手と言うのか、はなはだ疑問だが)
あらゆることに鈍くなるのがいい。

感じすぎない。
考えすぎない。
そして、愛しすぎない。

それがまともに生活していくための、
(それをまともと言うのか、はなはだ疑問だが)
最大にして唯一のコツなんだ。

だけどね、注意して。
感じなくなったらダメなんだ。
考えなくなったらダメなんだ。
愛がないって(正直に)言っちゃったらダメなんだ。

それは世界が許さない。
敏感で繊細過ぎるあなたを、
世界が許さないのと同じように許さない。

だから、ほどほどに。

この世界で活躍するなら、
(それを活躍と言うのか、はなはだ疑問だが)
ほどほどの達人になるのがいい。

そのためのカリキュラムなら、
この世界にはよりどりみどり揃っているから。

ほどほどを、
もはやほどほどだとも思わないくらいに、
あなたのことを立派に仕上げてくれるよ。
(それを立派と言うのか、はなはだ疑問だが)

だから、私たちはあなたのことを待っています。
あなたがその部屋から一歩を踏み出すことを待っています……。

……。
……。
……。

……なんて、やっぱり言えないよなあ。

あなたを励ます言葉のひとつも持たない、
(それを励ましと言うのか、はなはだ疑問だが)
そんな私をどうか許してくださいね。




by m-kumatta | 2017-09-03 10:02 | つぶやき | Comments(0)

無題

” 生きる "

どんなに言葉を尽くしてみても。

この最も複雑にして単純な、
とても重いのに軽やかな、

この言葉を超えることは決してできないのだろう。





by m-kumatta | 2017-08-27 18:55 | つぶやき | Comments(0)